精神疾患 遺伝 確率

精神疾患が遺伝する確率について

スポンサーリンク

精神疾患は遺伝するのかについてお話をしていきます。

 

そもそも精神疾患は遺伝するものなのか?

 

遺伝する場合は、どれくらいの確率で遺伝するのか?

 

こんな疑問があるので、私が実際にリサーチしてみました。

 

精神疾患と遺伝はやはり密接な関係がありました。

 

遺伝子構造は、親子であれば似ているため、病気の遺伝などはよく
聞くはなしだと思います。

 

これは、心の病気、すなわち精神疾患でも同じことが言えるそうです。

 

子供は両親のDNAを受け継いでいるため、体の設計図である遺伝子を
受け継いでいるのです。

 

親が精神疾患患者であった場合、かなりの確立で子供も精神疾患にかかる
そうです。

 

その子供がすごす環境や性格などの外的影響にも左右されてしまいますが、
精神疾患になりやすい環境であれば、精神疾患にかかる確率も上がります。

 

これは、遺伝+環境で発症する場合が多い例としてあげています。

 

上記を見るだけだと、「親がだめなら子供もだめなのか」と思ってしまい
ますが、対策はあります。

 

ようは気持ちの持ちようでどうとでもなるということです。

スポンサーリンク

まずは、自分の子供にも精神疾患が遺伝してしまうかもしれないというこ
とを認識させることが必要です。

 

知ることにより、予防の第一歩が踏み出せるというわけです。

 

これは、己を知ることが心の病気に打ち勝つひとつの要素だからです。

 

子供が何もしらずに周囲の人との差異を感じてしまった場合は、なぜ自分
はこんなにもだめなんだろうと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、自分は精神疾患の可能性があるかもしれないから、もしかしたら
その影響かもしれないなと思えることで、気持ちの負担も軽くなります。

 

かなりの力技てきな対策でしたが、やはり己を知ることが何よりも大切で
あるので、お伝えしました。

 

結果的に、精神疾患は遺伝しますが、確立は気持ちの持ちようで低下させ
ることができるということがわかりました。

 

まずは自分を認識するところからはじめて見ましょう!

スポンサーリンク