精神疾患 映画 おすすめ

精神疾患に良いおすすめ映画について

スポンサーリンク

精神疾患の治療には環境改善やストレス解消など、メンタル面の改善がまず
は必要になってきます。

 

これは、本人の心の持ちようでもかなりの差がついてきます。

 

このように、精神疾患はメンタル面の改善が治療の大部分を占めていると思っ
ていますので、ここの改善になにか良い方法はないかと探した結果、映画を観
るという方法がありました。

 

そこで、どんな映画がいいのか?

 

そんなおすすめの映画をお伝えしようと思います。

 

【精神疾患を描いたおすすめ映画】

 

カミーユ・クローデルという作品です!

 

これについて解説していきます!

 

『カミーユ・クローデル』は、1988年に公開されたフランス映画です。
フランスの女性彫刻家であるカミーユさんの生涯を作品として作り上げたものです。

 

この映画のストーリーはどのようなものなのか気になりますよね?

スポンサーリンク

それでは、お話ししていきます。

 

女性彫刻家カミーユ・クローデルさんは、著名な彫刻家のオーギュストさんの弟子になるところから始まります。

 

ロダンさんと美人なカミーユさんは、芸術家として尊敬するうちに、感情が愛しへと変化しました。

 

ロダンさんはカミーユさんを愛しているが、内縁の妻「ローズさん」と別れることができませんでした。

 

カミーユさんはロダンさんの子を妊娠することができたのですが、ロダンさんには妻がいるため中絶することを決意しました。

 

その後、ロダンさんと別れて作品に没頭します。

 

そして、気づかないふりをしていた苦しみから、徐々に精神を蝕むようになってきます。

 

そして、なぜかロダンへ憎しみを抱き妄想するようになり、遂には発狂するまでになりました。

 

精神病院へと入れられるようになってしまい、その後30年間は彼女が病院を出ることは1度もありませんでした。

 

映画の内容は簡単ですが以上です。

 

この映画は統合失調症の映画です。

 

この映画を見ることで、現在精神疾患の方は勇気を与えられ、そうでない人は理解を少しでも深めることができるでしょう。

 

よかったら見てくださいね。

スポンサーリンク