精神疾患 休職 保険

精神疾患による休職時の保険について

スポンサーリンク

今回は、精神疾患と診断され仕事を休職する場合に、生活を補償する保険などがあるのかをお話ししていきます。

 

結論としては、

 

あります!

 

しっかりと支給してくれるものがあります。

 

仕事している人が、精神疾患などの病気により仕事ができなくなってしまい、給料を支給されなくなった場合に適用される保険があります。
この保険の目的は、「安心して療養ができる」というものです。
健康保険組合から支給されるのですが、最大で受け取ることができる期間として、1年6か月あります。
この保険は給与の一部の金額を支給します。
この保険のことを「傷病手当金」といいます。

 

もらえる人はどんな人なのでしょうか?
その条件としては、
「健康保険に加入している」
「病気やケガにより仕事を休んでいて、給料の支払いを受けていない」
「病気やケガのため仕事をすることができない状況であると医師から診断された」

スポンサーリンク

「連続で3日以上仕事を休んでいる(4日目から傷病手当金の対象となります。)」
以上の条件に当てはまる人が対象というわけです。
しかし、下記の場合は支給額が調整されます。
事業主から報酬の支給を受けた場合
障害年金、老齢年金などを受けている場合です。
傷病手当金の支給金額ですが、
原則標準報酬月額の2/3の金額が、最長で1年6か月間の範囲で支給されます。

 

なんていい手当なのでしょうか!

 

それでは、申請に何が必要なのでしょうか?
まず初めに、「傷病手当金請求書」の作成です。

 

次に申請するにはどうしたら良いのか?
それは、現在加入している健康保険組合が、近くの年金事務所または健康保険組合に代理で申請してくれます。

 

まずは健康保険組合などに聞いてみましょうね。

 

このように、保険といいますか、手当が国から支給されるのです。
しっかりと情報をもたないと損することが多い世の中な世で、しっかりと申請しましょう。
みなさんが、もし精神疾患となって場合の素早い対応をする手助けになれれば幸いです。

スポンサーリンク