精神疾患 社会復帰 仕事

精神疾患の方の社会復帰について

スポンサーリンク

精神疾患と仕事は切っても切り離せない関係にあります。

 

仕事が原因で精神疾患になっている方がほとんどです。

 

これは、他の記事でも解説した通りストレスによるものが大きな要因になっているからです。

 

それでは、精神疾患により1度仕事を休職してから社会復帰までの流れを見ていきましょう。

 

精神疾患と診断された

会社の休職手続き

自宅などで療養

復職できた場合は、リハビリ出勤

社会復帰

 

というながれです。

 

しかし、上記の流れは、なにも問題なく進んだ場合のみです。

 

多くの方は下記の通りの流れを辿っているはずです。

 

精神疾患と診断された

会社の休職手続き

自宅などで療養

復職できた場合は、リハビリ出勤

精神疾患が悪化し、休職手続き

自宅などで療養(療養期間延長)

復職判断で、転職や退職

仕事探し

再就職または、アルバイト

社会復帰

スポンサーリンク

という流れ方と思います。

 

しかし、なかなか実際はなかなか上手くいかないものです。

 

自分に甘えてしまう人もいるので、仕事をしなくなるパターンもあります。

 

それでも頑張る人もいるので応援したくなるのですけどね。

 

真面目な人ほど社会復帰を焦る傾向にありますが、焦るとなかなかうまくいきません。

 

なぜ焦るのか?

 

金銭的問題か?

 

なんなのか?

 

しっかりと自分で把握しましょう。

 

金銭的な問題であれば、支援金などでもらう方法もあります。

 

焦ることが社会復帰を遠ざけているので、焦らずじっくりと社会復帰の準備をしていきましょうね。

 

自分は何故社会復帰したいのか?

 

社会復帰したらなにがしたいのか?

 

仕事を続ける気持ちが強くなってきたか?

 

サポートしてくれる環境にいることができているか?

 

社会復帰は簡単なことではありませんし、一人で達成できるほど簡単ではないです。

 

周りのサポートがかならず必要な問題です。

 

だからこそ、少しでもいいのでこころを開いて、悩みを打ち明け、相談してください。

 

みなさんがよりよい暮らしをするために社会復帰できることを心から祈っております。

スポンサーリンク