精神疾患 診断書 料金

精神疾患の診断書にかかる料金について

スポンサーリンク

今回は精神疾患の診断書についてです。

 

診断書にはいろいろと疑問があるかと思います。
なにに必要なの?料金はかかるの?

 

そんな疑問にお答えします!

 

☆「診断書」はどのような時に必要?

 

診断書はお医者さまに書いていただくものですね。

 

それでは、精神疾患の場合にどういった用途で必要になるのか?

 

それは、精神疾患と診断されて、病気のために仕事や学校を休まなければ行けなくなった時に、会社に証拠書類として提出する必要がでてくるので、その際に必要となってきます。

 

☆診断書を貰う際にかかる費用は?

 

それでは、診断書の必要性がわかったところで、費用について確認していきます。

 

結論としては、医療機関により様々な料金が設定されています。

 

相場としては、約3,000円なのですが、
記載内容や記載する量により、3,000円〜10,000円というように幅があります。

 

なので、全国共通の料金はありません。

 

かかりつけの医療機関に電話などして直接聞くのがいいですね!

スポンサーリンク

診断書の料金は、医療機関によって異なるということがわかりました。

 

しかし疑問が残ります。

 

☆どうやって料金をきめてるの?

 

これはしっかりと取り決めがされており、これに従い医療機関が決めています。

 

保医発第0 9 0 1 0 0 2 号「療養の給付と直接関係ないサービス等の取扱いについて」
????記載内容抜粋?????
2 療養の給付と直接関係ないサービス等
(2)公的保険給付とは関係のない文書の発行に係る費用
ア 証明書代
???????????-

 

????

 

?がつきましたね?

 

そうなんです!

 

要するに医療機関が自由に決めていいんです!

 

だから医療機関で差があるんです!
お医者さまがどのような内容でどれくらい細く分析したり、どれくらい質のよいものを使用したのかとか、きっといろんな要因が料金設定にはあるんでしょうね。

 

というわけで、診断書は医療機関にしっかり確認してもらうようすることで、診断書で損をしないようにできるということがわかりましたね!
もし、これから診断書を取る機会があるのでしたら、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク